車の査定には秘密が隠されている! その秘密を暴く。

普通車の寿命

普通車の寿命は一般的に10年、10万キロと言われています。
はたしてこの説は本当なのでしょうか?

ディーラーに聞いたところ、「メンテナンスによりけり」という答えが。
法令で定められている車検や点検などの他に、ディーラーで推奨している点検があります。
この点検を受けていない方多いでしょう。

最初の目的が寿命を決める

それは一般的に車は10年使うという目的で購入しているからなんです。
一般の購入者は10年という使用年数を自分の中に設置します。

確かに10年乗るだけというのなら、ディーラーで推奨している点検は受けなくても、乗り切ることができます。

しかし、15年、または20万キロは乗りたい。
という方は新車時からディーラーの推奨する点検やメンテナンスをきっちり受けるといいでしょう。

ただい、その分費用がかさみ、15年でみたら軽自動車が新車で変えるくらいの金額だった・・・

ということもありますので、計画性をもって行動するようにしてください。
車の買取に関してはコチラをご覧下さい。
>>ノア 買取

途中からのメンテは逆効果も

また、途中で20万キロまで乗りたくなったからディーラーで推奨されている点検を受けることにする。
と思われる方も多いでしょうが、はっきり言って無駄です。

車の寿命は新車時からの付き合い方で決まるといっても過言ではありませんので、
途中からキッチリしたメンテナンスをしたからなにか変わるといっても、微々たるものでしょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 普通車の寿命

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ko9fuku.info/mt-tb.cgi/5

コメントする

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

おすすめ関連サイト
ベンツ買取